Imagine Cupとは?

 

突然ですが、Imagine Cupとは何かご存知でしょうか?Imagine Cup とは、マイクロソフト創設者ビル・ゲイツも応援する、世界最大の学生向けの IT コンテストです。2003年に始まったこのコンテストは過去190 を超える国から延べ 180 万人以上の学生が参加しています。

そして開催15回目を迎えた今年のImagine Cup優勝賞金はなんと約1000万円!!名実ともに世界一のITコンテストだということがいえるでしょう。

 

そんなImegine Cup2017年大会の出場申し込みが、ついに開始されました!!

ここではImagine Cup2017の出場登録の手順についてまとめたいと思います。

 

出場登録の手順

(※登録手順が1部変更になっています。)

①応募用紙をダウンロード

応募用紙をこちらからダウンロードして必要事項をご記入ください。

 

 

 

②Microsoftアカウントを作成

次にMicrosoftアカウントを作成します。まずはこちらのページを開いてください。

(既にマイクロソフトアカウントをお持ちの場合は STEP3にお進みください)

 

Microsoftアカウントの作成方法でご不明点などございましたら、下記のページを参考にしてください。

 

【Microsoftアカウントの登録方法】

https://www.microsoft.com/ja-jp/msaccount/signup/default.aspx

【Microsoftアカウントの登録方法(ビデオ)】

https://channel9.msdn.com/Series/academic-jp/msaccount

 

 

 

③応募用紙をOne Driveに格納

 

OneDriveへ応募用紙をアップロードします。

OneDriveは、マイクロソフトアカウントで使用できる無料クラウドストレージです。

 

こちらにImagine Cup応募用のフォルダーを作成、応募用紙をアップロードしてください。

 

具体的な手順

まずはOneDriveを開き、右クリックから「新規」→「フォルダ」を押します。

 

 

ここに「ImagineCup_作品名」というフォルダを作成してください。

 

 

フォルダを作成したら、フォルダをダブルクリックしてフォルダの中へ行き、赤枠で囲んでいる「アップロード」をクリックします。

 

 

 

 

そこにStep1で作成したパワーポイントの応募用紙を選択してアップロードしてください。

 

 

アップロードが終わったら、一旦Step3で作成した「ImagineCup_作品名」というフォルダの位置まで戻ってください。

戻ったら赤枠で囲ってる「共有」ボタンを押して、フォルダを共有します。

 

 

ここでは2つある選択肢のうち、「リンクを取得」を選択します。

 

 

すると下記のようなURLが表示されます。

このURLはStep4で使用するので、どこかにメモをするなど忘れないようにしてください。

 

 

この作業が終われば、Step3は終了です。

※ OneDrive以外の共有ストレージサービスをお使いいただいても結構です。ただし、URLによるフォルダー共有が可能であることが条件です。

 

 

④応募登録

最後は応募フォームを記入して応募は完了となります。

こちらのページへ移り、必要事項をすべて記入してください。

 

 

登録完了した皆様、お疲れ様でした!!!3月に開催される日本大会で皆様とお会いできるのを楽しみにしております!

また出場登録していただくと、Microsoft社員からのメンタリングを受けられるイベントなど登録者限定の情報を配信する予定です。まだ登録がお済みでない方は、早めに登録をお願いします。

 

※Imagine Cupの開発に必要なクラウドや開発ツールの利用方法はこちらをご覧ください。


筆者: taccho | 2016年11月14日

follow us in feedly